We will tell you the topic from bulletin board of news bulletin

news2.cms.am

ニュース速報

敵が巣に侵入すると自爆して毒を散乱する新種のアリが発見される その名も「自爆アリ」

投稿日:

1 :2018/04/21(土) 13:29:03.38 ID:NQoGpzmQ0●.net ?PLT(16001)


オーストリアのウィーン自然史博物館など国際研究チームは、マレー諸島ボルネオ島で、
最近新たに発見された新種のアリを発表。

このアリは変わった特徴を持っており「自爆アリ」と呼ばれている。自爆アリは自分たちの巣に
蜘蛛などの敵が侵入してきた際に、自分の体を爆発し犠牲にして敵を傷付けたりまたは殺して
巣を守るという特徴を持っている種類。

今回発見された新種の自爆アリは巣に侵入者が入って来て脅威を感じたら、腹部の筋肉が著しく収縮する。
これはこれは外皮が破れ爆発するまでの準備段階である。

この爆発で、働きアリは即死し、このときに毒性のある性黄色体液が敵に散乱される。
この液体はありの顎(あご)のの後ろにある分泌器官で生成される。また基本的に爆発するのは働きアリの役目で、
それを処理するのは兵隊アリだという。

研究者は、「インドのカレーを思い出すほど黄色い体液は毒性があり、敵を傷つけるか、殺すことが出来る」と言う。
これによりこのアリを「イエロー グー(yellow goo)」とも呼ばれている。

さらにこのアリは死ぬときに顎で敵の胴体を引っかけ動けないようにする。そして大きく角張った頭を持った兵隊アリたちが、
弱っている敵と自爆したアリを木の上の巣から落として処分する。

通常アリたちも顎の後ろに化学物質を分泌する器官があるが、この自爆アリは、この器官が大きく発達しており、
そこで出る分泌物が体のほとんどを占めている。

研究者は、このような行動をとるアリに「コロブピス・エクスプローデンス」(Colobpis explodens)という学名を付けた。

爆発アリは1916年に初めて文献に記録され始め、1935年以来、見つからなかった。いくつかのシロアリも
爆発力を備えているが、巣から遠く離れたところで一対一の状況の場合にのみ爆発するので、これらのアリとは異なっている。

http://gogotsu.com/archives/39249

16 :2018/04/21(土) 13:37:37.14 ID:ZMrl9aXw0.net

その最終奥義を使ったら死ぬこと知らないんじゃね

162 :2018/04/21(土) 19:35:03.03 ID:hTgc3bLU0.net

自我なんて持ってなさそう
ロボットみたいなもんだな

101 :2018/04/21(土) 14:56:01.20 ID:h+k265Xv0.net

オイオイオイ死ぬわアイツ

10 :2018/04/21(土) 13:34:06.16 ID:DzO6CLHj0.net

どんな進化なんだよ

57 :2018/04/21(土) 13:56:26.80 ID:Me9zHuo50.net

イスラム?

127 :2018/04/21(土) 15:53:18.59 ID:4CDhwwKw0.net

アリ1匹を1つの生物として捉えると奇異に見えるが、全体を1つの生物と考えると、白血球と同じ動きだよな。

97 :2018/04/21(土) 14:48:14.28 ID:uxQU7bcJ0.net

この自爆システムを解明して編み出されたのが
北斗神拳である

72 :2018/04/21(土) 14:10:37.02 ID:1QauDSsn0.net

>>68
昆虫世界では「女王」って別に支配者じゃないんだよね。単なる「産む機械」
機械が壊れると困るから全力で守るけど別に「女王」が支配してるわけじゃない
まぁ「女王」が死ぬとそのコロニーを維持する理由がなくなるから雲散霧消しちゃうけどさ
いろいろ殺して理解した真実

32 :2018/04/21(土) 13:43:43.29 ID:KwAHBkyQ0.net

アリ「アリだー!!」

79 :2018/04/21(土) 14:16:07.08 ID:w6KkoJP80.net

北斗神拳か

-ニュース速報

Copyright© news2.cms.am , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.